オホーツク観光大使 結月ゆかりに会える場所一覧

オホーツクに行ってもらおうキャンペーン」開催に合わせて、オホーツク各地にゆかりさんの等身大POPがスタンバイ。みなさんの訪問をお待ちしています。このページでは、ゆかりさんがどこでアナタを待っているのかを地図と写真付きでお教えします。タイトルをクリックすると、各拠点の公式ページを参照できるので、そちらも観て下さいね。

(1)サテライトオフィス北見(北見市)

  PROJECT R.Y.U.H.Y.O のオフィス、オホーツク観光大使 結月ゆかりの拠点です。オホーツクに来たらここにこなきゃ!ヤキニキストのあーくんが留守番してますよ。
  

(2)北見工業大学図書館(北見市)

コラボ第1弾の舞台。大学に入って真っ直ぐすすんですぐ右側の図書館入口に立っています。Pepper君には負けたくないそうです。PROJECT R.Y.U.H.Y.Oの○○先生もここで仕事してます。

(3)北見工業大学大学生協食堂(北見市)

   同じくコラボ第1弾の舞台です。R.Y.U.H.Y.Oメンバもよく使います。食堂でゆかりと一緒に食事を楽しんで下さいね。

(4)オホーツク総合振興局・ロビー(網走市)

  観光大使任命状を賜った「オホーツク観光連盟」事務所が入っています。覗きに行くといいことがあるかも?

(5)道の駅 流氷街道網走・オーロラ号乗り場(網走市)

  流氷観光の拠点その1です。二階はシネマ館仕立てのカフェレストランがあり、高倉健さんが迎えてくれますよ。クリオネも見られるかもです。

(6)道の駅 オホーツク紋別・ガリンコ号乗り場(紋別市)

  流氷観光の拠点その2です。巨大な「カニの爪」は意味不明ですが凄いのです。毎日twitterで流氷情報を発信してくれる「流氷なう」もここから。

(写真:オホーツクの庭師さん提供)

(7)道の駅 うとろ・シリエトク(斜里郡)

  「シリエトク(sir-etok)」はアイヌ語で「大地の先っぽ」、「地の果て」という意味で、「知床」の語源でもあるんですね。そう、この先はもう知床だよ。

(8)女満別空港(大空町)

  ようこそ、オホーツクへ!イランカラプテ!小さな空港ですが、北の大地の玄関口として頑張っています。結月ゆかりがはじめて応援したのがこの女満別空港なんです。もちろん、今もここでみんさんをお出迎えしていますよ。


   女満別空港から各拠点への距離  

  オホーツクは広いんです。たとえば、R.Y.U.H.Y.O拠点の北見から紋別まで流氷見に行こうと思ったら往復200kmもあるので一日がかりになっちゃいます。
空港から各地のゆかりさんに会いに行く前に、どのくらい離れているのか確認するのを忘れないようにしてくださいね。

 ・サテライトオフィス北見:30.8km
 ・北見工業大学図書館:30.5km
 ・北見工業大学生協食堂:30.5km
 ・オホーツク総合振興局:21.1km
 ・道の駅流氷街道網走:21.8km
 ・道の駅オホーツク紋別:108km
 ・道の駅ウトロ・シリエトク:85.4km

オホーツクに行ってもらおうキャンペーン」への参加方法についてはキャンペーン公式ページをご覧下さい。